新築工事について

トウシン住宅の新築工事

川崎市宮前区の「株式会社トウシン住宅」が得意としているのは、リフォームや外壁塗装だけではありません。一級建築士事務所として、多くの戸建て住宅、新築物件の設計・施工まで手がけています。

こちらでは、そんな当社の新築工事について、サービス内容などをご案内しています。川崎市宮前区、横浜市で戸建て住宅をとご検討中の方はぜひ経験と実績のトウシン住宅にご相談ください。

新築工事の特徴

新築工事の特徴

リノベーションなら、新築や建て替えよりも低コストで理想の生活空間が実現できるのは確かです。しかしそれもケースバイケース。反映したいご要望が多岐にわたる場合や既存の住まいを大幅に改築する必要がある場合などは、むしろ新築や建て替えを検討したほうが得策であることも少なくありません。では、新築住宅にする理由、メリットはどこにあるのでしょう。

工期 プラン・間取り コスト
工期 プラン・間取り コスト
リノベーション≦新築 リノベーション<新築 リノベーション
(全面改修)≒新築
リノベーションでも全面改修やそれに近い規模の工事が必要な場合は、工期は新築とそれほど変わりません。 リノベーションが一般的なリフォームに比べ、プランや間取りの自由度があると言っても、ゼロベースから着手する新築や建て替えには及びません。また、リノベーションはどうしても既存の建物の構造、間取りなどの制約を受けますが新築にはそれがありません。 住居や建物の部分的改修なら数百~1,000万円程度の予算で済みますが、全面改修となると新築一戸建てと同様のコストがかかります。それなら新築一戸建てをチョイスすべきです。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

耐震 性能 設備
耐震 性能 設備
リノベーション<新築 リノベーション<新築 リノベーション=新築
築年数の経過した建物でも耐震施工で地震に強い家にできます。しかし、新築なら地盤から改良できるのでより有利だと言えます。 既存の建物、住まいについて、基本となる性能を向上させようとすると、リノベーションには相当なコストがかかります。しかし、新築なら最初から最新の性能基準が盛り込まれているのでムダがありません。 リノベーションでも新築・建て替えでも、設備については予算次第でいくらでも最新のものをチョイスできます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

断熱 諸経費・税金 寿命
断熱 諸経費・税金 寿命
リノベーション<新築 リノベーション
(全面改修)≒新築
リノベーション<新築
高気密高断熱化技術は日進月歩。確かにリノベーションでも断熱化は図れますが、住居トータルでゼロベースから最新の断熱設計が盛り込める新築には及びません。 全面改修になるようなリノベーションでは諸経費・税金面のメリットは新築と比べ高くありません。 どんなに大規模なリノベーションを実施して建物の耐久性を高めても、寿命は最大20年延びる程度。その点、新築なら30年以上は維持できます。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

法律上の建築規制命    
法律上の建築規制命    
リノベーション>新築    
既存の家は建築当時の法制度で規制され、新築の場合は現行法制で規制されます。したがって場合によってはリノベーションならOKでも、現状で再建築が規制されている土地では建て替えできないケースもあります。    

※表は左右にスクロールして確認することができます。

家を建てるなら、トウシン住宅にご用命ください! 家を建てるなら、トウシン住宅にご用命ください!

一生に一度あるかないかの大イベントであるマイホーム購入。だからこそ、自分や家族の理想にできるだけ違い家にしたいというのがどなたにも共通した想いでしょう。そうは言ってもやはり予算は無限ではありません。結局のところ家づくりとは、現実的な範囲で、何を優先するかを決めていくことと言い換えてもよいでしょう。

ただ、一般の方がそこまで突き詰めて考えるのはやはり至難のわざ。そこをサポートして、お客様にとってほんとうに大切な家、理想に近い住まいを実現して差し上げるのが私たちトウシン住宅の務めです。当社なら、提案・設計・施工まで1人の担当アドバイザーが窓口になって対応させていただくので、大切な家づくりを安心しておまかせいただけます。ぜひ、新築工事はトウシン住宅にご用命ください。相見積もりのご相談やセカンドオピニオン的なご相談も喜んでお受けいたします。