キッチンリフォームについて

トウシン住宅のキッチンリフォーム

水回りリフォームでも、奥様がとくに気になるのはやはりキッチンでしょう。でも、ひとくちにキッチンリフォームと言っても、料理づくりを純粋に楽しみたいのか、家族とのコミュニケーションを大切にしたいのか、家事をラクにしたいのかなど、何を重視するかでその方向性は大きく変わってきます。こちらでは、川崎市宮前区でリフォーム・リノベーションを手がける「株式会社トウシン住宅」が、キッチンリフォームを検討する上で役に立つヒントをお教えします。

家族のライフスタイルにマッチしたキッチンを選びましょう

キッチンリフォームを検討するなら、その型=レイアウトに注目して選びたいところ。代表的なものに「独立キッチン」「オープンキッチン」「セミオープンキッチン」がありますが、それぞれに一長一短あるのでよく比較検討してみましょう。下記のように、ご家族のライフスタイルに着目すると、キッチン選びもスムーズです。

独立キッチン~料理に集中したい奥様向け~
独立キッチン~料理に集中したい奥様向け~ 他のキッチンとは異なり、壁や仕切りでリビングやダイニングと空間的に隔てられているのが独立キッチン。料理に集中でき、来客時でもあわただしい様子を見せなくて済む反面、キッチンに立っている間は、家族とのコミュニケーションが絶たれ気味。
オープンキッチン~リビングダイニングとの一体感が欲しい方向け~
オープンキッチン~リビングダイニングとの一体感が欲しい方向け~ 最近、主流のキッチン。リビングやダイニングの一画に設置するタイプで、独立キッチンのように壁で仕切られているわけでもなく、文字通り空間的にオープンなので開放感に富んでいます。家族で料理をつくる、片付けをするといったお宅にはぴったりですが、調理で出た煙や臭いなどがお部屋全体に広がりやすいのが難点です。
セミオープンキッチン~リビングダイニングとのほどよい距離感がグッド~
セミオープンキッチン~リビングダイニングとのほどよい距離感がグッド~ オープンキッチンに似ていますが、部分的な仕切りを設けることでリビングやダイニングとほどよい距離感が保てる点が異なります。家事をしながらでもリビングにいる家族に目が行き届かせることができ、子どもの勉強もちゃんと見てあげられるので、子育て世代にはぴったり。しかも、来客の視線も気になりません。
奥さん、そのキッチンリフォーム本当に正解ですか? 奥さん、そのキッチンリフォーム本当に正解ですか?

住まいの設備のなかでも、価格の幅が大きいのがキッチン。大きさ、機能、材質、デザインなどを追求すればするほど、豪華で便利になるのは間違いありません。しかし、何もかも欲張ると際限なく費用がかさんでしまうのもまた事実です。肝心なのは、そのご家族のライフスタイルに合ったキッチンかどうかでおおまかに選ぶこと。奥様が料理に集中したい方なのか、家事の間でもできるだけ家族とのコミュニケーションを大事にしたいのか、来客から舞台裏であるキッチンを見せないようにしたいのか、などでおおよそ決まってきます。

また、お子さんが小さくて室内を駆け回るような元気っ子だったり、ご両親がご高齢で足元が不安だったり車椅子をお使いの方がいらっしゃるようなら、なるべくオープンなキッチンレイアウトがベター。あとは、デザインや機能などをお財布と相談しながら最終的なグレードをフィックスしましょう。私たちトウシン住宅はお客様のそんなご事情までくみ取って最善のキッチンを提案できる会社です。