リフォーム業者の選び方

リフォーム業者を選ぶ基準とは

あらゆる業種・業態の企業が参入し、各社がサービスでしのぎを削っているのが今日のリフォーム業界。それだけに、一般の方にとってはどの業者を選んだらよいか大いに悩ましいところでしょう。そこで、こちらでは、川崎市宮前区でリフォーム・リノベーションを手がける「株式会社トウシン住宅」が、業者を選ぶ基準についてわかりやすく解説いたします。

業者選びで着目したい4つのポイント

Keyword 1
信頼
Keyword 2
地域密着
Keyword 3
提案力
Keyword 4
アフター
フォロー
1. 信頼できる業者かどうか

1. 信頼できる業者かどうか

電話で問い合わせてスタッフの対応ぶりをチェックする、ホームページなどで実績を調べる──など、その業者が信頼すべき相手かどうか確かめる方法はいくつかありますが、もっともシンプルで客観的な方法は、業界団体へ加盟しているかどうかを見ること。

もちろん、そうした加盟実態がないからといって否定することはできませんが、リフォームを依頼するお客様にとっては安心材料になります。ちなみに、トウシン住宅の場合は「株式会社 日本住宅保証検査機構」「株式会社 住宅あんしん保証」に加盟しており、当社の施工品質、保証体制に一定の裏付けを確保しています。また、創業35年の経験と実績を誇る藤伸興業株式会社のグループ会社である点も当社の強みです。

2. いざというとき、すぐ駆けつけてくれる業者かどうか

2. いざというとき、すぐ駆けつけてくれる業者かどうか

選ぶなら、やはり小回りが利いて、地域のお客様への対応力に優れている地域の業者。確かに企業イメージでは大手に軍配が上がりますが、施工そのものは自社ではなく地域の工務店に下請けに出すケースがほとんどなので、中間マージンが多い分、費用も高くなりがち。しかも、大手ではそのエリアに営業拠点があるというだけで、地域に密着した対応までは期待できません。仮に何かあったとき、すぐに駆けつけてくれるのは、間違いなく地場の業者。トウシン住宅の強みもまたその機動力にあります。お問い合わせから1時間以内に折り返しご連絡する、どんなトラブルでもすぐに対処するなど、スピーディーな対応はまさに地域密着を旨とする当社ならでは。

3. 要望に合わせた提案ができる業者かどうか

3. 要望に合わせた提案ができる業者かどうか

とかく利益優先で目先のことしか考えていない業者は、ろくにお客様のご要望も聞かず、業者にとって都合のよいリフォーム、プランばかりを押し付けてくるので要注意です。結果として割高でムダな工事になるか、手抜き工事で済まされて後悔するかのどちらかでしょう。

しかし、信頼できる業者は例外なく、聞き上手です。しかも、お客様の言葉にならない言葉までくみ取った上で、「こんなプランが理想だったんだ」と思っていただけるような、核心を突いたリフォームを提案してくれるでしょう。また、そんな業者なら、お客様の予算に即した最善のプランをとことん考え抜いて提示してくれるので安心できます。

4. アフターフォローを重視している業者かどうか

4. アフターフォローを重視している業者かどうか

信頼に値する業者かそうでないか、その分かれ目はやはり責任能力。自社で施工したリフォームや新築工事に瑕疵があったり、施工中の不注意で隣家とトラブルになったりした場合には相応の保証やアフターサービスが充実していないと、ただ泣き寝入りするしかなくなるからです。

でも、ご安心ください。トウシン住宅なら、たとえば外壁塗装では年1回の無料点検を実施し、もし欠陥やミスが見つかれば塗り直しという厳しいルールを設けています。また、「株式会社 日本住宅保証検査機構」「株式会社 住宅あんしん保証」など業界団体に加盟し、施工後、瑕疵(かし)が見つかった場合でもお客様に不利益にならないよう保証を充実させています。