屋根葺き替え工事について

トウシン住宅の屋根葺き替え工事

外壁と同様に定期的な点検やメインテナンスが不可欠なのが屋根。とくに雨がダイレクトに吹き付ける部位だけにここが劣化すると雨漏りの直接的な原因となり、住まいの快適性や耐久性を大きく損なうことになります。

ここでは、川崎市宮前区でリフォーム・リノベーションを手がける「株式会社トウシン住宅」が、当社の屋根葺き替え工事についてご案内しています。ぜひ、ご一読の上、ご参考になさってください。

屋根葺き替え工事とは?

屋根葺き替え工事とは?

塗り替えで対処できない損傷、トラブルには葺き替えを

屋根も長期にわたる紫外線や風雨の影響などで次第に劣化していきます。もし、そのまま放置すると屋根瓦にひびが入ったり、損傷したりして雨漏りの原因になり、ひいては建物の寿命を著しく短くしかねません。また、屋根表面の劣化は外観を著しく損ねます。そこで、外壁と同様に定期的な塗り替えが必要になってきますが、その塗り替えでも対処できないような損傷がある場合やすでに雨漏りなどの実害が表面化してきた場合は、いよいよ屋根を葺き替えなくてはならなくなります。

屋根をリフレッシュすることでさまざまなメリットが

建物の外観イメージを左右する屋根をリフレッシュすれば美観、景観が向上するのは当然ですが、防水性が高まるので大雨でも雨漏りなどのトラブルに困ることがなくなります。また、昨今開発された瓦は耐久性に優れ、かつ軽量化が進んでいるので、建物への荷重が小さくなるため、耐震性や住まいの耐久性そのものに好影響を与えます。新築から年月が経過し、屋根の劣化が気になってきたら、一度、葺き替えを検討してみてはいかがでしょうか。

屋根葺き替え工事で建物はここまで変わる

塗り替えに比べ、大がかりな工事になる屋根葺き替えですが、それだけにメリットは計り知れません。

建物の寿命がぐんと延びる

瓦やスレートなどの屋根材はもちろんですが、その下地も含めて総入れ替えするのが屋根葺き替え。確かに大がかりな工事にはなりますが、対候性(建物を風雨から守る性質)は格段に改善され、建物の寿命を延ばすことに貢献します。もちろん、屋根材も下地も最新のものを使うので、新築時よりもむしろ性能面、機能面でははるかに上回ることになります。

家の外観イメージが格段によくなる

日に焼けた屋根、割れや欠けが目立つ屋根はたいへんみすぼらしく、建物の外観を大きく損ねます。しかし、葺き替えを実施すればこうした印象も改善され、周囲の景観にも好影響を与えます。近隣に与えるイメージも段違いによくなるはずです。

軽量瓦で耐震性が一気に高まる

何十年前に建てられた家には重い屋根瓦が多く使われていますが、これでは大きな地震などが起きた際に、その荷重で建物が耐えられなくなり、倒壊などのリスクが高まります。しかし、近年の瓦は耐震性を重視して作られており、軽量で丈夫です。建物にかかる荷重も大幅に小さくなるので、大規模地震の際でも安心です。

屋根葺き替え工事の流れ

1

屋根下地合板の敷設

古い瓦、防水紙を撤去したところに屋根下地合板を敷設します。この下地合板は耐水性に優れた国産JIS規格品です。

2

防水紙張り

新しい防水紙を屋根下地全面に張ります。雨水の浸入から屋根下地を守るために不可欠な工程です。

3

屋根葺き替えの下準備

瓦を固定するための桟木(さんぎ)を敷設します。

4

本体工事(屋根葺き替え)

ここでは、屋根土を一切使用しない最新の瓦屋根材を使用して葺き替えを行っています。瓦自体が軽量であること、屋根土が不要なことで建物にかかる荷重を最小限にできます。

5

仕上げ

棟部分に棟包(むねつつみ)と呼ばれる部材を固定して仕上げます。

6

施工完了

真新しい瓦が載って、建物の印象もガラリと一新。もちろん、最新の軽量瓦、コーキング処理で耐震性も防水性もアップしています。